2005年10月08日

犬語。

てでぃの気になる行動に

わざとらしいあくび
ヒステリックに耳の後ろを掻く
ガシガシ噛む自傷

がありました。

ついでにもうひとつ、

異常なほどの穴掘り

9月12日の日記ネタにもしましたが、庭では以前より制限一切無しのフリーにしてましたので、それ以降も度々、なんつー穴じゃ!!あせあせ(飛び散る汗)っての堀続けてたので、これも笑い話では済まないんじゃないかと思ってました。

んで、先日より、てでぃ観察に余念のないかーちゃんでしたので、どんな時にそのような行動をするのか観察したところ。。。

・車に乗った時 = あくび+ヨダレ (こりゃ慣れてきたらヨダレだけになってきました。)
・なんでかーちゃんが怒ってるのかわかってないようなとき = あくび (なんで怒ってんだろ・・?って顔して。。。)
・散歩に行く時、嬉しくって落着かないお座りして、なかなかリードつけてもらえないとき = 掻く (落着かないとつけてあげない)
・ちゃんといい子のお座りしているのに、いい子いい子してもらえないとき = 掻く (だって位置が違うんだもん。。。)
・ダウンスティとかケージハウスとか我慢をさせた時 = 噛む
等々。。。(細かく書き出したら切がないってことで。。。)

まず、自傷ハゲの原因となっていると思われるストレスの基を取ることに専念しているかーちゃんですので、今はこのような行動が出る前に回避して様子見ている段階です。
ですので、ストレス発散の術にしていた異常なほどの穴掘りも、当然しなくなってきました。



話変わりまして。。。



先日のBBQのちはりんさんの日記にコメントしたところ「カーミングシグナルでしたよ」とのレスをいただき、

カーミングシグナル・・?なんだそりゃ・・?

っと、そこで初めてカーミングシグナルつーもんを知りました。

てでぃは一杯カーミングシグナルを発することができる子で、かーちゃんが気になってた行動も全部カーミングシグナルだったと気付いたのです。

ですので、てでぃの発するカーミングシグナルをちゃんと理解するところから、またまた初めてみようと思ったので、ただ今カーミングシグナルを勉強中のかーちゃんです。



またまた話変わりまして。。。



カーミングシグナルで理解しようと思うと、かーちゃんの頭ではなかなか難しいのですが。。。
カーミングシグナル=ボディランゲージ=犬語として考えてみたら。。。


変な例えですが。。。

日本で生まれた赤ちゃんが3歳くらいの時に訳あってアメリカのお家の子になりました。
3歳だったら、お家の人以外とでもコミュニケーションとれるくらいの日本語は話せるようになっていたと思います。
ですが、「あなたは日本人だけど、今日からアメリカで暮らすんだから日本語は話したら駄目!」としてしまったら、あっという間に日本語は忘れてしまうでしょう。
一生アメリカで暮らすんだったら日本語は話せなくっても支障ないでしょうし、第2次世界大戦中とかの国際問題が起こってる最中でしたら、下手に日本語を話したりしたら非国民扱いされてしまうかもしれないので、英語だけの生活にしなければならないのは最良なことでしょう。
ですが、かーちゃんとしては、日本人として3歳まで生まれ育ったからには日本語も日本の良い慣習とかは忘れないで欲しいと思うのです。現在でしたら、2ヶ国語話せたほうがなにかと便利だと思うのです。


。。。ってな考えを「日本」を「犬社会」「アメリカ」を「人間社会」「日本語」を「犬語」「英語」を「コマンド」とすると。。。


家庭犬として、家族という群れの人間社会(アメリカ)の中で飼うのだから、犬社会(日本)の習性や本能に基づく行動は必要ないものとし排除していく訓練法も納得できます。
それに、犬社会(日本)のルールを知る間もなく小さいうちに人間社会(アメリカ)にきてしまった子たちに、わざわざ犬社会(日本)のルールを教えるよりも、人間社会(アメリカ)のルールだけを教えてあげたほうがいいのかな。。。て気もします。

犬社会(日本)をちゃんと知ってる子に訓練して人間社会(アメリカ)のルールだけに従わせ、飼い主ONLYにすることも飼い主冥利につきる素晴しいことだと思います。


ですが多頭飼いを希望しているかーちゃん宅では、犬語(日本語)コマンド(英語)両方使いこなせるバイリンガル犬になって欲しいとの欲張りな思いがありました。

てでぃはちゃんと犬語(日本語)を今も覚えている子で、かーちゃんの欲張りな思いから中途半端に行動制限してかーちゃんの都合の悪い部分だけ中途半端に犬社会(日本)を強制的に排除することにストレスを感じ、自傷という行動に出てしまったのだと思います。


ですが、もしてでぃには、日本(犬社会)アメリカ(人間社会)どっちの国籍を取るか!っと2つに1つの選択をせまられたら。。。
かーちゃんは間違いなく日本(犬社会)を取るでしょう。
んで、日本(犬社会)のルールの尊重し、英語(コマンド)は生活していく上で困らない程度に知っててくれればいいかな。。。と思う今日この頃です。


自分で読み返して、何言ってんだ・・?って思ったので追加です。

ようは。。。

嫌悪刺激で教えるくらいなら

コマンドなんて知らない子でいい


ってことです。


05-10-4 002.jpg

お散歩かと喜んだのに、お留守番とわかってムッー(長音記号2)としているところ。。。

ニックネーム かーちゃん at 03:20| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

犬同士の遊び。

家庭犬にとって犬同士の遊びは必要か・・?


てでぃにとっては、YES!!

少なくともかーちゃんは、てでぃを色々な犬と遊べる子になって欲しいと思ってます。

だって。。。見てておもろいんだも〜んわーい(嬉しい顔)るんるん


大きい子には思いっきり、小さい子には優しく、怖がりな子には遠慮がちに、えばりん坊な子には強気に。。。等々
相手によって力加減をして上手に遊べる子になって欲しいと思います。




s324.jpg


11010324152qz12.jpg


05-10-2 087.jpg


s324.jpg


てでぃもこんな顔するとこ見ると、犬同士で遊ぶのは好きなはず。。。

05-10-2 092.jpg


なのに、ご挨拶が勢いつきすぎて逃げられっぱなしの嫌われっぱなしで、練習して経験積みたくってもできないし。。。

正しいご挨拶の仕方が教えられないもんで、てでぃがいつかできるようになるまで、押さえ込みお座りスティもしょうがないっかバッド(下向き矢印)ってことにして、その分かーちゃんが完璧なぴかぴか(新しい)アイフルお姉ちゃんばりの笑顔わーい(嬉しい顔)作りに励んでる今日この頃です。



ニックネーム かーちゃん at 02:28| Comment(4) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

BBQ in 入間

2日にBBQで川遊びに行き、帰宅後写真なんか整理しちゃって、皆様にお送りさせていただき、その日は力尽きてそれにて終了の運びとなりました。
(後日、華ママ様やサクラママ様のようにすりゃよかったんじゃんバッド(下向き矢印)と思ってみても未だやり方わからず。。。あせあせ(飛び散る汗)

んで、次の日(月曜日)「さぁグッド(上向き矢印)今日はBBQの日記を書くぞぉ〜るんるん」っと勇んで帰宅しようとした会社終了時刻5分前exclamation×2

プルプルプルプルっと電話が。。。

「ちっー(長音記号2)誰だよ雷

と思いつつも仕事なんで一応出てみたら。。。

いつもお世話になってる支部事務所のお姉さん。。。


「あのぉ。。。まさかと思いますけど。。。念の為。。。余計なことかとは思ったんですけどね。。。」

。。。とやたら長い前置き。。。

「早く帰ってBBQ日記書かなきゃいけないんだからさっさと用件言ってよ(イライラ)」

。。。っと思いつつ、

「どうかしたのわーい(嬉しい顔)

と、大人らしくにこやかに応対するかーちゃん


「用紙取りに来ないので、一応お電話させていただいたんですけど、手続きは終わってますよね・・?」

「???手続き・・?なんの・・?」

「免許更新の。。。」

「・・・へぇ?」

「明後日で期限きれますけど。。。当然終わってますよね・・?」

「忘れてたがく〜(落胆した顔)

ってなことで、楽しいBBQの余韻にひたる間もなく、前回1ヶ月かけて揃えた書類の束を、今回2日で作成しなくてはならなくなってしまったのでした。もうやだ〜(悲しい顔)

そして、本日、不備はあったものの足りないものは後日郵送でOKってことで、なんとか受付印は押してもらえたので、

「やれやれ、やっとBBQ日記が書けるるんるんっと思ったら。。。。

ネタ出つくしてるじゃんexclamation しかも次の企画案出始めてるじゃんexclamation×2


・・・てなわけで、10月2日のてでぃ☆日記の「BBQ日記」はご参加の皆様の日記とさせていただきますので、ブログ閉鎖の際にはご一報くださいますようお願い申し上げます。(深々土下座)


ニックネーム かーちゃん at 00:58| Comment(12) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

写真。



そー言えば、最近写真撮ってないなぁ・・・

。。。っとフト思い、義務のように撮ってみました。


05-9-21 001.JPG

題名「んぁ・・?何?」



てでぃが来る前までは、「写真を撮る」ということは習慣ではなかったので、カメラをしまい込んで3ヶ月後にどこいっちゃったかわかんなくなちゃったあせあせ(飛び散る汗)つーことも珍しくない我が家でしたので、元に戻っただけなのですが。。。


カメラ映画レンズを通してでなく、自分の目目で子供たちを見てあげてくださいexclamation×2

みたいなことを幼稚園の園長先生が力説してたのを思い出します。


かーちゃんが、写真を撮ろうとすると、やっぱりどうせ撮るんだったら。。。の貧乏性が出てしまい、
てでぃがどんな場面でどんな表情で何をしているか!でなく、
ひたすらいいお顔のシャッターチャンスを探してしまうんですよバッド(下向き矢印)
ですので、何をしていい顔になったかが、チビ窓に夢中になってるとわかんないのですよね。。。


って、不精の言い訳みたいになってしまいましたが、


てでぃポン黒ハート最近良い顔するようになりましたよぉ〜るんるんわーい(嬉しい顔)

「え?何々??どっかいくの?遊んでくれるのかぁ?」
っとワクワクした顔してついてきてみたり、
「てでぃ〜♪」って呼ぶと、「はぁ〜い♪」って感じで急いで戻ってきたり。。。

まだ、ガシガシ毛かじってますが、どんな時にガジガジしちゃうのか、また、どんな時にわざとらしい生あくびするのか、観察に余念のないかーちゃんですので、しばらく写真無しの日記になりそうです。





決して、充電器がなくなちゃったとか、メモリー一杯になちゃったのにPCに落としてないとか、持ち歩くのメンドイとかではありませんので、くれぐれも誤解のないようにお願いいたします。



ニックネーム かーちゃん at 01:27| Comment(1) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

タイトルなし。

riisuxlink.gif






もし世界が100人の村だったら...



100人の地球村


誰かが私に興味深いお話を伝えてくれました

もし現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう

その村には…

57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます

52人が女性で
48人が男性です

70人が有色人種で
30人が白人

70人がキリスト教以外の人たちで
30人がキリスト教

89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調に苦しみ
1人が瀕死の状態 にあり
1人は今生まれようとしています

1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
そして1人だけがコンピューターを所有しています

 もしこのように縮小された全体図から 私達の世界を見るなら
  相手をあるがままに 受け容れること 自分と違う人を理解すること  
 そしてそう言う事実を知るための教育がいかに必要かは
火を見るより明らかです

また次のような視点からもじっくり考えて見ましょう

もしあなたが今朝目が覚めた時
病気でなく健康だなと感じることが出来たなら
  …あなたは今週生き残る事のできないであろう100万人の人たちより   
恵まれています

もしあなたが戦いの危険や投獄される孤独や獄門の苦悩
あるいは飢えの悲痛を 一度も経験したことがないのなら…
あなたは世界の5億人の人たちより恵まれています

もしあなたがしつこく苦しめられることや逮捕拷問
 または死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことが出来るなら…   
あなたは世界の30億人の人たちより恵まれています

もし冷蔵庫に食料があり着る服があり
頭の上に屋根があり寝る場所があるなら…
 あなたは世界の75%の人たちより裕福で恵まれています

もし銀行に預金がありお財布にお金があり
家のどこかに小銭が入った入れ物があるなら…
 あなたはこの世界の中で最も裕福な上位8%のうちの一人です

 もしあなたの両親がともに健在で そして二人がまだ一緒なら
…それはとても稀れなことです

もしこのメッセ−ジを読む事ができるなら
あなたはこの瞬間2倍の祝福を受けるでしょう
 何故ならあなたの事を思ってこれを伝えている誰かがいて
 その上あなたは全く文字の読めない世界中の20億の人々より
ずっと恵まれているからです

昔の人がこう言いました
我が身から出るものはいずれ我が身に戻り来ると

お金に執着することなく喜んで働きましょう
 かって一度も傷ついたことがないかのごとく 人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとく自由に踊りましょう
誰も聞いてないかのごとくのびやかに歌いましょう
 あたかもここが地上の天国であるかのように 生きていきましょう

このメッセ−ジを人に伝えて下さい
そしてその人の一日を照らしてください

※作:K.Leipold  ※訳:なかのひろみ

++1 CLICK FOR PEACE++
1クリックで救える命がある

ニックネーム かーちゃん at 01:46| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

おやつ。

先日より、ぴかぴか(新しい)さぁ〜ご自由にどうぞぉ〜♪」散歩をしたら、わずか数日でものの見事にグイグイフラフラとかーちゃんを一生懸命お散歩してくれるてでぃポン♪


まさに嫌悪刺激訓練するとこうなりますよ!の見本のような状態です。


それはちょっと、おいといて。。。



かーちゃんは、トレーニングのご褒美としておやつは使いませんでした。


「信頼関係もできてないのにトレーニングなんて。。。」つーのも、またまたちょっとおいといて。。。



なぜ、かーちゃんがおやつを使わなくなったかと申しますと。。。

最初に「お座り!」と教えた時に、本に書いてあったとおり、おやつを使って教えましたら、見事に、「おやつがあるときはちゃんとするけど、おやつがないときにはしない!」っとなっちゃったのです。


今、思うと、おやつの使い方が間違ってたんですけどね。それも今はおいといて。。。



おやつを徐々に無くしていき、無くてもできるように練習しましょお〜わーい(嬉しい顔)とも書いてありましたが、

「おやつが有るか無いか確認してからお座りする子はどうするんだ・・?」

っと素朴な疑問が湧いたのです。

それに、訓練士さんとか犬飼のベテランさんの、おやつ持ったフリして従わせている人とかを見て、

がく〜(落胆した顔)あんなベテランの人でも、いつまでたっても、おやつ離れさせられないんじゃ、かーちゃんなんて、絶対無理だあせあせ(飛び散る汗)

っと思ったのです。

一部のベテランさんの例ですが。。。
「ヒール!」で歩く時に、手を握って胸のところや左腰の辺りに置いて、いかにも「おやつ持ってるわよぉ〜」ってしておやつに注目させて「ヒール」してるとか。。。
「ダウン」の時も、おやつ持ってるようなフリして手を下に降ろしていくとか。。。(さすがに降ろすスピードは速かったけど。。。)
その他諸々・・・


それって、人の支持に従ってるんじゃなくって

おやつで釣ってる!

ってことなんじゃないんすかぁ???



「てでぃが飛び出しそうになった時、おやつ探してる暇はないよな。。。」
「てでぃが遠くに行っちゃったら呼び戻す時、小さいおやつでは確認できないよな。。。」

っと思いましたし、なんてたって、

「おやつ」に負ける自分!

が許せなかったのでした。

ってことで、かーちゃんはおやつを使ってコマンドを教えるのは止めたのです。


んで、どうやって教えたかというと。。。
「お座り」いいこいいこ「お座り」いいこいいこ「お座り」いいこいいこ・・・・・
「フセ」いいこいいこ「フセ」いいこいいこ「フセ」いいこいいこ・・・・・
ってな感じで、偶然した時に、コマンド言って、ひたすらいいこいいこいいこ攻撃したら、そのうち、「ん??こうか・・?」になり「こうだ!」っと言葉と形が繋がったようです。

今思えば、「いいこいいこ」が「ご褒美」になっていたようなのですが、そのときは「ご褒美」っといえば「おやつ」しか頭になかったので「できたらご褒美をあげましょう〜♪」ってのが、理解できませんでした。

ですので、ひたすら、「いいこいいこ」と「嫌悪刺激」でトレーニングしちゃってたんで、段々おかしくなってきてしまったつー訳なのですが、最近やっとこさっとこ「ご褒美」の意味がわかってきました。

ですが、やっぱりてでぃポン、かーちゃんがおやつを持っているとわかると、ノーリードでも完璧なヒールを披露してくれますが、おやつが無いとわかると、冒頭の状態になります。


どーもまだ、「ご褒美ぴかぴか(新しい)が正しくわかってない、かーちゃんですので、制限なしの日々はしばらく続きそうな気がする今日この頃です。



ニックネーム かーちゃん at 01:38| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

保護について。。。

8月3日にぱぁくを保護し、9月19日に新しいご家族様にお届けにいきました。

ぱぁくが我が家に居たのは、わずか48日間ぴかぴか(新しい)だったけど、かーちゃんの今までの人生の中でこれほど、短期間に色々なことを知り、考えたことは無かった気がいたします。
(そんだけお気楽人生歩んできたってことなんでしょうけど。。。あせあせ(飛び散る汗)

ぱぁくを無事お届けし、楽しく生活しているご報告をいただき、ほっと一安心している今、改めて思い返してみると。。。

ぱぁくを保護したのは、「可哀想。。。なんとかしてあげたい。。。」っとの安易な保護でした。

ぱぁくは、幸い、フィラリアは陽性でしたが、その他の健康状態は問題ありませんでした。
性格も、子供についてきてしまうぐらいですから、家庭犬としてやり直せる子でした。

ですので、里親さんを探し、最高の里親さんと出会うことができ、今ではとってもとぉ〜っても幸せな生活をしております。



んが、もし、ぱぁくが、

移る病気だったら。。。
莫大な治療費がかかる病気だったら。。。
治らない病気だったら。。。
社会復帰できないくらいの問題行動を抱えている子だったら。。。



「なんとかしてあげたいはずだったのが、自分の手で安楽死させなければならない。」
だったと思います。
注:あくまでも「最悪の場合」です。(誤解があっちゃいけないので付け足しましたが。。。)


保護しようとする場合、そこらへんのこと、全部ひっくるめて考えなければならないものであり、

保護した時点で、そこらへんのこと、全部ひっくるめて覚悟しなければならないものであり、

保護したからには、そこらへんのこと、全部ひっくるめて責任持たなければならないものであり、


それができないのなら、保護するべきではない

と思いました。

まして、安易な保護は、絶対しちゃいけないものだと思います。
それに、保護するだけして嫌なこと大変なことは人に押し付けて「保護した心優しい自分グッド(上向き矢印)」で自己満しているようなあほは、放棄したばかと同じだと思います。



かーちゃんは、今後、一生、保護はしませんexclamationしたくないですexclamation×2できませんexclamationexclamation×2宣言


保護する必要のない日が来ることをひたすら願って、自分に無理なくできるところから行動していきます。


ですので、何人たりとも、頼むから、かーちゃんに1匹散歩情報はいれないでくれぇー(長音記号1)もうやだ〜(悲しい顔)



ニックネーム かーちゃん at 00:01| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

抜本的改革

ぴかぴか(新しい)ウチのてでぃポンはぁグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)
カッコいいだけじゃなくってぇグッド(上向き矢印) お散歩も上手になったしぃグッド(上向き矢印) 我慢強くもなったしぃグッド(上向き矢印) 
コマンドも沢山覚えてできるようになったしぃグッド(上向き矢印) 無駄鳴きもしないしぃグッド(上向き矢印) 
悪戯もしないしぃグッド(上向き矢印) すんごくお利巧さんになんですぅグッド(上向き矢印)るんるんわーい(嬉しい顔)



・・・って言うと、すんごく天才的で立派で家庭犬の鑑っぽいのですが。。。


かーちゃんは

ずっとずぅ〜っとずぅううう〜〜〜っと

「何か違う!」

と思ってました。

その「何か」は「てでぃが楽しそうじゃない」ってのなんですが、「楽しそうじゃないんじゃ、なんか違うんじゃないか。。。」と思ってみても、

「そんなはずはない。」
「かーちゃん様が決めたことが間違ってるわけがない。」
「毎日やっていればいつかは。。。」

等々で、黙々と日々決められた(決めた)トレーニングだけをこなしていました。

楽しくないもん延々とやらされて、あれ駄目これ駄目言われちゃ、そりゃーてでぃだってストレス溜まったことでしょう。。。バッド(下向き矢印)
まして、ぱぁくが来たことによって、いつにも増して我慢もしなきゃならなくなっちゃったし。。。バッド(下向き矢印)

てでぃのストレスはげがどんどん酷くなってきて、「こりゃやばいな。。。あせあせ(飛び散る汗)」と思ってても、「んじゃ、具体的にどうすればいいかexclamation×2」ということは時間にも気持ちにも余裕がなくなってしまったかーちゃんは、考えてあげられませんでした。

んで、ぱぁくも皆様のお陰で、すんごい理想的なご家庭に迎えられたので、

この一週間考えに考えた結果

やっぱり今まで日課だったトレーニングは止めにいたしました。


「制限に見合った報酬」とちはりんさんにアドバイスいただきましたが、かーちゃんは「見合った報酬」がはっきり明確にわかってないし、トレーニングするのに「おやつ」は避けてたものでした。
(なぜ避けてたかは長くなるので割愛いたしますが。。。)

だったら、てでぃのストレスの元となってしまった制限をなくしてしまうしかないじゃないかと思ったのです。

かーちゃんはてでぃをガウガウ犬にする気はありませんし、看板犬への道は諦めたわけではありません。

ですが、てでぃのストレスはげが無くなることを最優先にして、多少、羽目はずしすぎてどうしようもない犬になったとしても、そこからまた今度は新たなノビノビニコニコしながらのトレーニング方法をすればいいじゃないかって思ったので止めたのです。
(成犬でもいくらでも躾直しが利くって言うしぃ〜♪)

止めてから、今までタブーにしていた、ロープ遊びも、鬼ごっこも再開し、「NO」もなきゃ「駄目」もない、散歩で前歩いたっていいじゃん、さぁ〜自由にどうぞ!って感じにしてみたのです。

てでぃも最初は、散歩で前行くのも、恐る恐る。。。って感じでしたが、あっという間に慣れてフラフラ散歩してます。(かーちゃんを無視した散歩ではないので、よしとしています。)
「座れ」「ダウン」も嫌々ノロノロやってたのが見え見えだったのですが、引っ張りッコ中にやるとパッパかやってました。

かーちゃんも、ちはりんさんのビデオで「楽しく遊びながら。。。」がわかりましたので、トレーニング開始時をとして、中止時を10とすると。。。
日課のトレーニングを中止したらになるんじゃないか。。。との覚悟で中止したのですが、5とか6くらい、上手くいけば(かーちゃんが「正しい報酬」がわかったら)7とか8くらいまで戻るだけで、何とかなりそうな気がしていますし、なんとかなった暁には、あっという間に中止時の10ぴかぴか(新しい)を超えるられると思う今日この頃です。

ニックネーム かーちゃん at 21:24| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

ロープ遊び再開。

9月2日の日記にも書いたように、我が家では、てでぃとの引っ張りっコを禁止していました。


てでぃは引っ張りッコ大好きっ子でしたので、人が持っている布類は全部、引っ張る対象に見えていたようで、手に布類(ハンカチ・タオル・靴下・パンツ等々なんでも。。。)を持っているだけで嬉しくなってしまうようでした。
んで、無理やり奪い取った物を、ガシガシするもんだから、毎日毎日使い物にならない布系が続出しちゃってました。もうやだ〜(悲しい顔)
それだけならまだいいのですが、取られないように上にあげた三女の着ている洋服を後ろから引っ張って倒してみたり、靴下を取られないように引っ張り返した長男の手を、わざとじゃないにしても流血させたり、ばーちゃんに飛びついて転ばせそうになったり。。。と、興奮しすぎて危険極まりなくなってしまうほどエスカレートしちゃってました。

「こりゃ、ヤバイだろ。。。たらーっ(汗)」とは思っても、ロープも洗濯物も布系で同じに思っているてでぃにどーやって「これはいいけどこれは駄目」「ここまではいいけどこれ以上は駄目」って教えればいいのかなんてわからなかったし、ロープ遊びの「始まりと終わりをちゃんとすればいい」とは机上の知識で知ってはいたけど、「だからって洗濯物の場合はどうやるの・・?」って感じでした。
現状とかーちゃんの知識がおっついてなかったので、
「人が手に持っているものは全部取っちゃ駄目!」
にしてしまったのです。

その後、ちはりんさんの日記で「遊べる犬にしよう♪」を拝見し、ロープ遊びの楽しさは重々わかたのですが、「銜えすぎるてでぃにはどうするんだ・・?」ってな感じでしたので、不安なまま再開させる気にはなれませんでした。

ですが、またまたちはりんさんの日記の「遊びながら訓練」のビデオを見て、本当に一目瞭然で参考になり、「これはやるっきゃない!」っと早速試してみましたら。。。

てでぃ君天才〜揺れるハート

ってなことでしたので、昨日より我が家もロープ遊び再開いたしました。


さてさて、前置きが長くなりましたが、どのような過程で再開したかと申しますと。。。



まず、タオル(一番手近にあったので。。。)で、こーんなバッド(下向き矢印)感じにロープを作りました。

05-9-25 001.JPG



んで、次に、しばらくデロデロガシガシ1人遊びさせて、
「かーちゃんお手製のタオルロープがどんなに素晴しいかぴかぴか(新しい)

を、しかと確認してもらいました。

05-9-25 018.JPG05-9-25 016.JPG05-9-25 020.JPG




そして、いよいよ引っ張りっ子!!
・・・ですが、てでぃ君、あんなにゴロゴロ楽しそうに1人で遊んでたのに、「人が手に持ってる物は取らない!」がしっかり身についちゃってるようで、かーちゃんが持っちゃうと離しちゃってました。
ですので、まず「テイク」から教えたのですが。。。「テイク」って言いながら口にグッ!っと無理やり突っ込んでみましたら、最初は「えっいいの・・?」って戸惑ってはいたものの、何回かやったら銜えるのはすんなり銜えるようになってくれました。

「テイクで銜えてもいいんだ」ってのが分かれば、引っ張るのは、元々大好きっ子ですので「ほぉ〜れほれほれ♪がんばれぇ〜♪」って(ポセ父様流)応援してあげたらひたすらガンガンすんごい勢いで引っ張りまくりました。
(引っ張ってもいいよ!(コマンド)と言ってないのに引っ張るのもどうかと思うのですがね。。。)

05-9-25 011.JPG05-9-25 010.JPG05-9-25 008.JPG




今度は離すのですが。。。「オフ」と言っても「オフって何??」状態でしたので、「オフ」とは離すことだ!から教えなければならなかったのですが、凄み利かせて怖い声で引っ張りながら「オフ」と言ったら、こちらもなんだかすんなりできちゃったので、引っ張りっ子した際も、あんまり見境なくなって、かーちゃんの声が聞こえなくなるほど興奮する前に、早めに「オフ」したら離してました。



土曜日の夜だけで、ここまでですよ!!!


この子やっぱ天才だったんだ。。。とシミジミ思ってしまいました。



写真は、本日25日に日記用に撮ったものですが。。。ロープ写真撮ろうとして、出してきただけで、いい子のお座りして待ち構えてました。
(一番上の写真)


ですので、本日は、「ほぉ〜れほれほれほれ」と目の前チラチラさせながらも「テイク!」というまで銜えちゃいけないようにしてみました。
途中、ンガァ〜と口開けてましたが、「まだよぉ〜」の声にひたすら我慢してました。

05-9-25 007.JPG05-9-25 006.JPG05-9-25 005.JPG

目が釘付け状態




やっと、これが世間で言われている「初めと終わり。。。云々」だったんだ。。。と理解できたかーちゃんでした。(オソッあせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム かーちゃん at 02:53| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

メモ

ちょっとの褒美⇒誉め言葉
(いい子ねぇ〜)

褒美⇒褒め言葉+いつものオヤツ
(いい子ねぇ〜+豆)

すごい褒美⇒褒め言葉+すごく美味しいおやつ
(いい子ねぇ〜+ジャーキー)

スペシャルグレートご褒美⇒褒め言葉+すごく美味しいオヤツ+大好きな遊び
(いい子ねぇ〜+ジャーキー+かーちゃん犬登場)

よし、今日からこれだ。。。


ニックネーム かーちゃん at 16:04| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする